ハムを通販で購入するポイント

ハムを通販するには、いくつかポイントがあります。

ハムは贈り物として購入するというイメージが強いですが、ネット通販が登場してから、自宅用で購入する方が増えてきました。

贈り物でも無いのに、わざわざ高額な整形しているものを購入するという方はあまりおらず、実際購入する方が多いのは、ハムを整形した時に出る切れ端などです。

ひと昔前であれば、処分するところなのですが、この切れ端の部分というのは、コクとうまみがあり、美味しいということもあり、食べ物を大切にするという意識、そしてエコにも繋がるということから、特価で肉の切れ端を一部の店舗で販売していたところ、徐々に広がり、人気商品と化したわけです。

ハムはサラダやスープ、炒めものなど、主菜のみならず、副菜でもよく使われる食材です。整形したものを買っても細かく切って調理する為、最初から既にカットされているものの方が、下処理の手間も省けますし、味自体は高級ハムと同じであり、品質管理も申し分ないのです。

そういった品質の良いハムが、ただ見栄えだけがネックというだけで、半額以下で購入できるとなると、かなりお得といえます。量も1kg等、割と容量が多く、燻製品なので、長持ちもするというメリットもあります。

価格帯は高くても3000円位であり、相場として多いのは1000円から2000円と安く、送料込みで販売しているところも多いです。

目玉商品として売られているところが多いため、ポイントサイトを上手く活用することで、より多くのキャッシュバックを得ることも可能なので、買う際はただ通販で購入するのではなく、ポイントサイトを経由して店舗で購入すると良いでしょう。

ハム通販人気サイト

藏尾ポーク

藏尾ポークのバナー

美食市では、コンテスト最優秀賞を受賞した藏尾ポークで作られた、極上手作りハムが販売されています。滋賀県鈴鹿山系にある、豊かな自然を誇る日野町で作られた藏尾ポークは、やわらかい肉質とほんのり口に広がる甘みが特徴。餌や水にもこだわり、ゆったりした環境で育てられた豚を、職人がひとつひとつ丁寧に加工しています。着色料を一切使用しておらず、安心安全、お子様にも優しいハムです。特選藏尾ロースハムは300g4,700円、ボンレスハムは300g3,800円。熨斗もつけられるので、プレゼントにもおすすめです。

藏尾ポークの公式サイトへ

オリーブの島のお肉屋さん

オリーブの島のお肉屋さんのバナー

オリーブの島のお肉屋さんでは、オリーブでゆっくり燻製し、うまみを凝縮したハムが売られています。お米を食べて育った風味豊かな「讃岐こめ豚」を、小豆島産のオリーブで薫製した、本格的なハムです。保存料や発色剤などは一切なし!冷凍で届くので、いつでもお好きなときに解凍して食べることができます。ステーキハムの入った贈答用セットも大人気!カット済みのハムのほか、ブロックでの販売もあり、価格は517円〜とリーズナブル。普段使いにも嬉しい、美味しいハムです。

オリーブの島のお肉屋さんの公式サイトへ

土井ハム

土井ハムのバナー

生ハムやロースハム、酒香ハムなど、幅広いハムを取りそろえている土井ハム。なかでもデンマークポークと崎戸のいそしおを使い、8〜10時間かけて燻製にした製品ラックスハム(生ハム)は絶品。本格的な味を、リーズナブルな価格で味わえることで人気です。ハムのほか、ベーコンやフランクフルト、ブロック肉などもあるので、バーベキューやパーティ、お酒のあてにも大人気。価格で選べる贈答用セットも人気です。

土井ハムの公式サイトへ

グルメソムリエ

グルメソムリエのバナー

熟成された生ハムが大人気の、グルメソムリエ。お徳用200g600円〜と大変リーズナブルな価格で、本格的なハムを楽しむことができます。18か月熟成されたスペイン産生ハムや、24か月熟成された最高級イタリア産生ハムなど、原産地の異なる生ハムを扱っているので、食べ比べにもおすすめです。ハムのほか、サラミや精肉、ラム肉や七面鳥などの鳥肉、ジビエなど、肉全般に豊富な品ぞろえ。お料理を楽しみたい方にもぴったりの通販サイトです。

グルメソムリエの公式サイトへ

ハム通販で今人気がハム

ハムを取り扱っている通販、ネットショップは現在かなり多いですが、販売元は様々で、その販売元によって同じハムでも、それぞれ特徴のある製品となっています。

量販店で扱っているもの、デパートや百貨店が多いですが、この中でもごく中流層の方が利用する店舗の製品、そして高級スーパーマーケットと言われる店舗で扱っているものとでは内容も異なってきます。

更に店舗を出す必要が無いという事から、製造元である牧場、精肉店が販売しているものも通販ではよく目にします。現在人気が高いハムの通販となると、やはり製造元、牧場から直送したものが比較サイト等でも上位に上ります。

偽装肉や廃棄予定の食品を販売していた事例を最近耳にすることが多かったことから、食に対する安全性という事に関して重視している消費者もかなり多いため、出処や流通経路が明確になっているところで無いといけないという意識が浸透しているようです。

ハムは特に原材料が生肉なので、その生産工程においては厳しい衛生管理をより必要とします。保存が利かない生肉を保存ができる状態にする訳ですので、製造工程において、少しでも問題があると、菌が繁殖し、また製品自体は真空パックにするので、下手をすると菌も一緒に真空パックの製品の中に入りこんでしまうという危険性も出てくるわけです。

見た目や味も大事ですが、安全、安心なものがやはり現在においては人気が高いハムの通販商品といえるようです。

最も売れる時期

ハムが売れる時期といえば、やはりお中元やお歳暮シーズンと言われる6月、7月、年末といったところです。以前はデパートや百貨店、量販店などでお中元、お歳暮コーナーが設けられ、人がにぎわっていたものですが、現在は人足が少なくなっている傾向にあります。

その理由は、今ネット等の通販が充実しているため、店舗に足を運ばなくても自宅に居ながら簡単に注文できるようになったからです。

ネットショップによっては、画面上でそのまま送りたい相手の住所に配送手配が可能で、しかもキャンペーンなどで送料無料でよりお得にお歳暮やお中元を贈ることができます。また、利用した額に応じてポイントが貯まるところも多く、店舗で直接購入するよりはかなりお得といえます。

あとは不定期になりますが、お祝い事や快気祝い、お礼品としてハムを送るというパターンもあります。贈り物で多いのは日用品で、ストックが利くもので、どの家庭においても日常使用するものが人気が高いです。相手側にも負担をかけずに、相手側が得をするものとなるとやはり日用品という事になるようです。

食料品は賞味期限があるので、早くいただかないといけないという負担を相手にかけるので、日用品に比べると人気が落ちますが、調味料、ハム等は食料品の中でも保存が利くため、贈り物としては人気が高いようです。

また、贈り物で無くても自分たちで使用する事を目的とした場合は、ハムを商品として整形するため、カットした時にできた切れ端を商品として特価で販売しているものが好評で、同じお歳暮、お中元シーズンに多く販売されているようです。

ハムの種類

ハムとは一言で表しても、いくつもの種類があります。また、日本国内と外国で作られるハムもそれぞれ種類が異なります。まず良く耳にするのがボンレスハム、ロースハムですが、ボンレスハムは豚のもも肉を塩漬けし、ケーシングに詰めてくん煙したものを言います。中にはくん煙しないものもあります。

ロースハムは豚のロース肉を整形したものを塩漬けし、ボンレスハムと同様にケーシングに詰めてくん煙して加熱したもので、最もスーパーなどで見かけるものとなっています。他にはショルダーハムという豚の肩肉を塩漬け、くん煙したものや骨付きハムという骨付きのまま加工したものもあります。

あと、最近よく見かけるプレスハムというものですが、こちらは1種類の肉だけではなく、数種類の肉を混ぜ合わせてケーシングに詰めて、1つの肉の塊のようにしたものになります。あと、魚肉と混ぜて作った混合プレスハムというものもあり、こちらは比較的価格が安くて入手しやすいです。

ただ、いくつもの肉を使用しているため、原材料については何が含まれているか確認しておいた方がいいでしょう。海外の場合だと、生ハム等がありますが、生ハムにしても何種類もあります。

生ハムは塩づけしたりする他、乾燥をさせたり熟成させたりする方法が主となります。加熱せずにそのまま食べることができるので、非常食として重宝されているようです。生ハムは肉加工品の中でも比較的高価ですが、これは製造期間が長く、手間を要する為というのが1つの理由であります。

中には1年近く熟成、乾燥が必要である生ハムもあります。

一緒に購入したいお勧めの商品

最近では贈り物目的ではなく、自分たちが食べるため目的でハムを通販で購入する方も増えています。贈り物用として作られたハムを加工する途中でできてしまう切り落としされた部分を商品化して訳あり品等と称して販売しているところもあります。

訳あり品と言っても贈り物として整形されたハムとは全く品質は一緒であり、切れ端なので綺麗に形になっていない、あるいは製品にするには形が悪いなど、あくまでも外観のみに問題があるだけの製品で、特価で売られているものがほとんどで、大変人気が高いようです。

ハムといえば、普段の料理ではなく、お酒のおつまみ等にも好評ですので、もし一緒に他の製品を買うとすれば、ビールやワインなどのアルコール類は丁度かと思われます。

もちろんアルコールは一切飲まないという方もおりますので、その場合はチーズの詰め合わせ、そしてオードブルでよく使用されるクラッカー等を一緒に購入すると、オードブルができます。更にディップやソース等の詰め合わせ、ソースとセットになっている商品を一緒に購入するというのもお勧めです。

ハムなどの燻製品は味自体は付いているので、そのままでも美味しく食べることは出来ますが、いざ調味料をつけるとなると何をつけると良いのか分からない事が多いです。

味が付いている分、調味料との相性が出てくるので割と困ります。そこでソースなど、そのハムにあった調味料とセットになった製品を買うと、どの調味料を使えばいいのか迷うこともありませんし、より美味しくハムを食べることができます。

日本ハム・ソーセージ工業協同組合